htjc00.png

2014年04月29日

戦国まつり1

第四章 戦国まつり



 日曜日になった。「戦国まつり」当日である。
 天気は晴れで、絶好のお祭日和。コーサクは息を切らせながら自転車をこいでいた。
(ぼくっていつも時間ギリギリだよな……)
 原因は自分でもよくわかっている。いつも出発時刻ギリギリまで工作をやっているせいだ。今日も輪ゴム鉄砲いじりを、直前までやっていた。調整に調整を重ね、完璧に自分の手になじんだ一丁は、今、背中のリュックに入っている。
 昨日土曜日は、タツジンとバンブーがコーサクの家を訪れ、それぞれの鉄砲を完成させた。金曜日の部活でほぼ完成していたので、あとは補強のためのネジを打ち、引き金をつけて調整するだけだった。午前中には鉄砲制作を終え、午後は射撃訓練にあてることができた。
 美術部監督の三又先生には、お祭当日、それぞれ自分の輪ゴム鉄砲を持ってくるように言われていた。お祭のアトラクションとして本物の火縄銃による鉄砲演武があるので、もしチャンスがあれば「達人クラブ」三人の輪ゴム鉄砲射撃を、本物の鉄砲隊の皆さんに見てもらえという指令だった。
 そんなことが本当に可能なのかどうか、大の大人が、たかが小学生の作ったオモチャに関心を示してくれるのか、コーサクには疑問だったが、三又先生は笑いながら断言した。
「大丈夫だ! いまどき火縄銃撃ってるような人たちはコドモの心を持ってる! ぜったいおまえらの鉄砲ならウケる!」
 そんなものかと思い、三人は顔を見合わせてうなずいたのだった。
 コーサクは海沿いの堤防をまわりこむように自転車を走らせる。
 小学校のある「二子浦」は、瀬戸内海の大阪湾寄りに位置した小さな港町である。扇型をした小さな二つの湾が連なった地形になっており、お祭のある「二子浦来光寺」は、二つの扇の交わる部分の、海に突き出した岸壁にあった。
 お寺の西側には小さなビーチがあって、シーズンには海水浴もできる。東側には漁港が広がっており、コーサクたちの通う二子浦小学校は、その漁港から少し上った高台にある。
 浦小の面々は、ビーチの駐車場に午前十一時、集合した。美術部(マンガ部+達人クラブ)と歴史研究部所属の小学6年生たち、それに6年1組担任の斎木先生は、それぞれ徒歩や自転車で集まり、コーサクもなんとか集合時間に間に合った。
 学校ではいつもきちんとしたスーツ姿の斎木先生も、さすがに休みの日には多少カジュアルな服装であらわれた。マンガ部の女子三人(神原シオネ、花村ナオミ、小島ハルカ)は、先生の服装をネタに、しばし盛り上がった。女の子にとってはいつもとちがう先生の服装は大問題だったが、その他の男子生徒たちにとっては、とくに興味のない話題だった。

htjc16.jpg


 引率は歴史研究部の斎木先生だけで、美術部の三又先生の姿はなかった。先にお祭の会場に入っているということだ。堤防にはりつくように設けられた階段をのぼってみると、そこにはいつもの見慣れたビーチとは、まったくちがった風景が広がっていた。
(つづく)


posted by 九郎 at 22:04| 図工室の鉄砲合戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。